よい声優専門学校の選びかた


声優を志すのであればエンタメ系専門学校の声優科に進むのが得策です。

数ある声優専門学校の中から何に注目して進学先を選べばいいのでしょうか。

l_03

◯その学校の卒業生の声優を調べてみる

いわゆる「歩留まり」といわれるものは声優専門学校の質を測る上で非常に重要です。

歩留まりとはどれだけその業界で活躍しているかを示す指標のことです。

どれくらいの数の卒業生が声優界で活躍しているか、またどれだけ重要な役をこなしているかで判断するのがいいでしょう。

プロの声優になって長く活躍するのは本当に大変です。

第一線で活躍するためには技術よりも人格のほうが重要視されるのはどこの業界も一緒です。

声優の専門学校に入ったらそういったことも考えて、謙虚な姿勢で積極的に技術を吸収して経験を積んでいきましょう。

◯体験説明会に参加してみよう

その学校の体験説明会に参加して実際に行われているのと同じ形式の授業を受けてみましょう。

プロに教えてもらうのは重要な経験ですから、その一回の授業がどれだけ分かりやすかったのかということはひとつの指針になります。

また説明会にゲストなどで参加してくれる先輩やプロの声優は、自分の将来の姿ととらえることも出来ます。

彼らのような姿になるのがよいのか悪いのかをその場で判断するのもいいでしょう。

また学校の雰囲気というものは一度体験説明会を受ければ伝わってくるものです。

自分がその後数年間を学ぶ場所としてふさわしいのかを判断して下さい。

◯他学科との共同プロジェクト

アニメ声優であればアニメの動画がなければ成り立たないわけですが、同じ専門学校にアニメーター学科があれば合作でアニメを作ることが出来ます。

声優のアフレコなどをする時は決まっている教材などを使って実力をつけていくわけですが、やはりオリジナルの動画に声を入れてこそ声優の役割が分かるというものです。

もちろんアニメーターも学生ですから完璧なものは仕上がって来ませんが、それでもお互いに良い/悪い点を指摘することで共に成長していくことが出来ます。

こういった本格的な体験が声優への確実な成長となりますが、そのためには同じ学校内にアニメーター学科がなければなりません。

これもエンタメ系専門学校を選ぶ条件になってくるでしょう。

◯これらの条件を元に実際に探してみる

現在ではHPでその学校について調べることが多いと思いますが、ここに挙げた条件を元に学校を検索してみるのがいいと思います。

これだけの条件を満たしている声優専門学校は少ないはずです。それらの学校に実際に行ってみて進路として決めるのがいいでしょう。

いい声優専門の学校はどこか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です