アニメ・アフレコの仕事


声優におけるアニメの声について書いています。
すでにこの記事に辿り着く前に、読者の方々は声優についての様々な情報を読まれているかと思いますが、今一度おさらいをしていただければと思います。

アニメのキャラクター声は実力や個性によって、男性から女性、自分の年齢とは異なる赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃん、そして動物や機械など、自由自在になれるのが魅力です。
完成している映像に声を入れるアフレコが主な仕事ですが、現在はアフレコまでにカラー映像が完成しているケースは珍しく、線画やラフスケッチだったり、真っ白な画面にセリフをしゃべる数秒の線が出るだけといったこもよくあります。

このアフレコの収録時間は、30分アニメであれば3〜4時間程。給料に関しては30分1万5000円〜という規定になっています。キャスティングはほとんどの場合オーディションで決まります。番組が始まる数ヶ月前に所属事務所か本人にオーディションの依頼があり、基礎的な能力はもちろん、何よりその声がキャラクターにイメージと合っているかどうか、実際に製作者の目の前で審査されることになります。これは若手でもベテランでも同じ方法で行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です