声優としての演技基礎

声優で重要になってくる演技の基礎について解説しています。

声優の演技には緩急が必要です。普段、普通に人が話しているような調子でセリフを話していては聴きやすくありませんし、感情が伝わってきません。アニメなら尚更、絵が動くわけですから、実際に人が話すときに伝わってくる情報量とは全然違いますので、声でその部分を補う必要があります。
また高低差も重要です。登場人物の感情に合わせて声のトーンを変え、うら声を使って表現するということもしばしばあります。
そしてセリフには強弱が必要です。どこにポイントを入れて話すか。セリフは日常会話と違って、作品内に必要な情報を伝えるために厳選されています。

そしてアーティキュレーションのレベルを上げることでセリフが明瞭となってキャラクターや状況が視聴者にしっかりと伝わります。
アクセントやリズム、イントネーションも大事です。そして呼吸に関しても、荒い呼吸だったり、興奮や緊張、喜びを表したり、呼吸自体も立派なセリフと言えます。

当たり前ではありますが、声優を目指す以上は他のプロの人の話し方を観察したり、芸能人や一般人の中にも魅力的な話し方や声を持っている人がいるので、よく聞いて学ぶことが重要です。

アニメ・アフレコの仕事

声優におけるアニメの声について書いています。
すでにこの記事に辿り着く前に、読者の方々は声優についての様々な情報を読まれているかと思いますが、今一度おさらいをしていただければと思います。

アニメのキャラクター声は実力や個性によって、男性から女性、自分の年齢とは異なる赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃん、そして動物や機械など、自由自在になれるのが魅力です。
完成している映像に声を入れるアフレコが主な仕事ですが、現在はアフレコまでにカラー映像が完成しているケースは珍しく、線画やラフスケッチだったり、真っ白な画面にセリフをしゃべる数秒の線が出るだけといったこもよくあります。

このアフレコの収録時間は、30分アニメであれば3〜4時間程。給料に関しては30分1万5000円〜という規定になっています。キャスティングはほとんどの場合オーディションで決まります。番組が始まる数ヶ月前に所属事務所か本人にオーディションの依頼があり、基礎的な能力はもちろん、何よりその声がキャラクターにイメージと合っているかどうか、実際に製作者の目の前で審査されることになります。これは若手でもベテランでも同じ方法で行われています。

声優を目指す学校の評判

声優を目指せる学校は、口コミやネットで評判が検索出来ます。

検索すると声優を目指せる学校には、養成所なるものがあることに気が付くでしょう。

声優を目指すためには、他にも、劇団やワークショップに参加して目指す方法があります。

現在とても人気の高い職業の一つに上げられる声優という職業ですが、学び方にも様々な方法があるのです。

具体的な学校を選ぶ例として、現役で活躍する役者が講師として指導を行っている学校は、志望する人達の中でも人気が高いです。

学校を選ぶ上で評判が気になる人も多いです。

実際にデビューして活躍している人が多い所は、レッスンが厳しいながらも実績が高いと評判が良いところも多くあります。

一方、独自に制作会社と提携し、在籍中に数回作品へ出演する事は出来ながら、その後の活躍が少ない所もあります。

プロとしての経験を在学中に数回経験出来たり、プロの役者の同行で研究生として現場を見学に行ける学校もあります。

プロを目指す上で必要となるのは、まずはプロとして活動できるよう事務所と契約を結ぶ事です。

口コミといった評判も参考に、実際に見学を行って確認する事がおすすめです。

声優の学校のオープンキャンパスに行くのも良いことです。

声優の学校では、オープンキャンパスや体験入学が開催されることが多いです。

この内容は各校によって異なりますが、入学を希望している学生にとって魅力的であることが多いです。

また、このようなイベントの中では、学校の説明以外に業界の解説も行う場合がほとんどです。

そして、カリキュラムの内容と実際の仕事のイメージを、学生達に繋げてもらう目的もあると考えられています。

声優の学校における勉強内容や通学スタイルに不安がある場合には、可能な限りオープンキャンパスに参加してみることが良いと言われています。

オープンキャンパスでは学校側の説明や発表以外に、在学生や講師が相談に応じてくれる場も提供されています。

いくつかの学校を比較検討している時や声優業界のイメージを具体化出来ない場合には、在校生がどのような勉強をしているのかをオープンキャンパスで見てくることが良いようです。

そしてそこで不安や疑問点を解消してくることが、志望校決定に繋がると考えられています。

声優養成所や学校を選ぶ

声優養成所や学校選びで大切なポイントはいくつかありますが、まずは自分を知ることから始めましょう。

なぜ自分は声優になりたいと思ったのか、声優という職業にどのようなイメージをもっているのか、自分が得意な事、やりたいことは何なのかなどをしっかりと把握しておくことが大切です。

これがハッキリしていないと、学校選びは難しくなります。

声優になるためには、専門学校や養成所に通うことや、劇団などに所属するなどの方法があります。

それぞれの違いを理解しておくことも大切です。それぞれの資料を取り寄せて比較検討して、自分の目指すことややりたいことと合う場所を見つけることが大切です。

養成所と言われるところは、プロダクションが所属声優を育てるために運営している場合があります。よりプロには近い道ですから一般的には専門学校よりも入ることが難しいと言われています。

しかし、夢のための一歩としては、一番近くて大きな一歩になることは間違いないでしょう。

声優の勉強ができる学校、東京ビジュアルアーツ

「東京ビジュアルアーツ」はエンタメ&クリエイティブの総合専門学校という呼び名のとおり、写真、放送、映画、特殊メイク、マスコミ編集、音響、サウンドクリエイト、ミュージシャン、声優、俳優、ダンスと幅広く教えている学校です。

プロ仕様の設備がなければ即戦力が育たないというポリシーのもと、常に最新のプロ用設備を用意しています。

また、超一流プロの講師陣も見どころで、「アルプスの少女ハイジ」役の杉山佳寿子さんをはじめ、「ちびまる子ちゃん」のたまちゃん役の渡辺菜生子さん、「大岡越前」役の島英臣さんなど錚々たる面々です。

そして特別講演会を定期的に開き、「NARUTO」ヤマト役の小山力也さんなど第一線で活躍するプロの講義をきくこともできます。声優科は少人数制、褒めて伸ばすことを意識した授業で個性を育てます。

総合専門学校である東京ビジュアルアーツならではの学科コラボレーションも魅力です。

アニメーション科とコラボして、プロの現場と同じ流れを体験することもできます。

代々木アニメーションは声優を目指せる学校

声優を目指すための学校に、代々木アニメーションがあります。

少年漫画雑誌や少女漫画雑誌等への広告も多く、広告やCMを見たことのある人も多いです。代々木アニメーションは専門学校にあたります。

声優だけでなく、漫画やアニメ関係の仕事を目指したい人が多く通っています。

全国に学校を展開しており、在校生を多くデビューさせた実績もあります。

現在活躍している声優の多くも通った経験のある学校の一つで、有名事務所への所属率も高いです。

代々木アニメーションで学ぶ内容は、声優を目指すための養成所で学ぶ内容の前に行う基礎レッスンが中心となります。

代々木アニメーションに在籍中に事務所が開催している所属オーディションに参加し、入所が決まって上京する生徒も多くいます。

代々木アニメーションは全国展開しているため、地方から上京して来る生徒のサポート体制も万全です。声優を目指すための登竜門として通っている生徒が多い学校の一つです。

声優の学校の中に東京アナウンス学園があります。

声優の学校のひとつに、東京アナウンス学園があります。

この学校ではアニメや外国映画の声優だけでなく、ナレーターやラジオパーソナリティを目指す方々も通っているようです。

東京アナウンス学園では、カリキュラムの中でヴォーカルレッスンやダンスも行われています。

このようなカリキュラムによって卒業生は、声を使う仕事だけでなく俳優やアニソン歌手として活躍することも可能となっているのです。

そして東京アナウンス学園の卒業生は、プロの現場で活躍している人が多くその実績は有名です。

日本初の声優専門学校としても有名な東京アナウンス学園は、様々なノウハウを活かした指導や各種オーディションへの参加支援もしているようです。

在学中にデビューも可能な場合もあるということで、学生達のモチベーションも高い学校です。

声を使った幅の広いレッスンやトレーニングを受けながら、自分に合った授業を選択出来るという点でも人気の高い学校のようです。

声優の学校で行われるオーディション

声優になりたいという人のための専門学校は日本にはいくつかありますが、こうした学校では学校に入学するためのオーディションや授業の一環としてオーディションが行われるといった場合があるようです。

例えば、1年間の行事としてオーディションが行われる場合、それは声優としてデビューするための1つの準備のようにみなされています。

しかも学校によってはかなり本格的なスタイルで行われるようで、実際にその業界で活躍してる人を数人呼んで審査員になってもらい、実際に採点してもらうということもあるようです。

また、こうしたオーディションの様子を動画で撮影し、インターネットを通して配信しているような所もあるそうです。

このようにすることで実際にその業界で活躍するための準備をすることができ、生徒同士の能力の向上も図ることができるようで効果は出ているようです。

また学校同士でも、こうしたイベントを行うことによって生徒達の能力向上を図っています。

単なる行事と言うよりは教育スタイルの1つとして成り立っているようです。

AMGで声優になろう!

アミューズメントメディア総合学院(AMG)では、声優タレント科があり、その中に

声優タレント本科が開設されている。

この科が、二年制で平日の月~金曜日に通い、声優のノウハウを学ぶと

いった学科になっている。

講師は現役のプロが行うので、実際に現場で使われている技法や知識

大切なことなどを教えてくれる環境がとても魅力的ではないだろうか。

最初は全員が初心者だ。

その為、しっかりと声優になるための基礎から指導していってくれる。

発声や表現の仕方など最初はもしかしたら物足りない授業かもしれない。

しかし、業界で活躍している先輩声優はみんなその基礎訓練を行った

からこそ今も表舞台にいるのではないだろうか?

基礎をおろそかにしている人は生き残れない業界だ。

声量とは基礎をしっかり行えば自然とよくなっていく。

これは、プロの声優は口を揃えていう。

1から地道に頑張っていける人はぜひ、アミューズメントメディア総合学院(AMG)

の声優タレント本科で本気で声優を目指そう!

第一線で活躍する卒業生が多い声優専門学校を紹介します